Coaching FirstFind your FIRST STAR to brighten your life !
TOP
初めての方へ

コーチングとは?

コーチングの進め方

コーチング適正チェック

コーチングメニュー

組織での導入

個人の方

コーチング事例

コーチング対談

クライアントの声

コーチングの会話から

コーチングQ&A

事務所概要

代表ご挨拶

コーチング・ファースト概要

代表プロフィール

コラム

コラム一覧

お問い合わせはこちら
コーチング・ファースト
tel:03-5727-0407
info@coaching-first.com
コーチングの会話から コーチング事例
実際のコーチングではどんな会話が交わされているのでしょうか?
気になる方のために、実際の会話の一部を抜き出してみました。
1 会社経営者のクライアントAさん
コーチ : 「Aさんのお仕事について聞かせてもらえますか?」
クライアント : 「いや〜、大変なんですよ。次から次へと大きな問題が起こってね。
常に社員のことも考えなきゃいけないし、自分の時間なんてないですよ。」
コーチ : 「う〜ん、聞いているだけで大変さが伝わってきますね。」
クライアント : 「この間なんて、信頼していた部長が突然辞めるって言い出すし・・・」
― 30分くらい話して ―
コーチ : 「30分くらい経ちましたがご自分のこと話してみていかがですか?」
クライアント : 「えっ!?もうそんなに経ったの?信じられないねぇ。でもいろいろ話を聞いてもらってすっきりしたし、何をしなくちゃいけないのか見えてきたよ。話を聞くって大切だね。」
コーチ : 「ではAさんはどのくらい社員の話を聞いていますか?」
クライアント : 「えっ??・・・(しばらく沈黙して)忙しくて聞いてないね。きっと社員も話を聞いてもらいたいんだろうな。よし、明日から1日に30分はじっくり社員の話を聞くよ。」
コーチ : 「いいですね!賛成です!でも明日からですか?」
クライアント : 「さすがコーチ、今日からやりますよ。善は急げですからね。」
2 業績を伸ばしたい社会保険労務士のBさん
クライアント : 「もっと顧客を増やして業務を軌道に乗せたいんです。」
コーチ : 「なるほど、Bさんにとって“軌道に乗っている”とはどういう状態ですか?」
クライアント : 「はい、顧客が50社くらいあって、収入が1000万円以上あって・・・」
コーチ : 「Bさんはどんなオフィスでどんな格好をして働いているでしょうね?」
クライアント : 「今の倍くらいの広さのオフィスで、日の光が入ってきて・・・何だかワクワクしますね。」
コーチ : 「素敵!!それ目指しましょうよ!じゃあ今の状況はどうですか?」
クライアント : 「顧客は10社弱で収入も少ないです。う〜ん、できるのかなぁ?」
コーチ : 「顧客を増やすためにBさんの“強み”を活かすとしたらどんなことができますか?」
クライアント : 「“強み”ですか・・・?う〜ん、顔は広いですね。友人知人が多いです。」
コーチ : 「その“強み”活かしていますか?」
クライアント : 「えっ?活かすって言ってもどうやっていいか・・・」
コーチ : 「是非考えてみて下さい。きっと何かできるはずですよ。」
クライアント : 「友人知人は私が社会保険労務士だと知っているから、何かあれば向こうから言ってくると思うんですよね。でも何かあっても思い出してもらえないのかなぁ?もっとアピールすべきかもしれませんね。」
コーチ : 「もっとアピールについて聞かせてくれますか? 」
3 資格取得のため勉強中のクライアントCさん
クライアント : 「勉強しなくちゃいけないんだけど、なかなか時間が取れないんです。」
コーチ : 「お仕事をしながらだと大変ですよね。毎日どのように過ごしているのですか?」
クライアント : 「えっと・・・朝起きて、会社に行って、夕方帰ってから夕飯を作ったりしていると気が付いたら9時くらいで・・・それからちょっと勉強して・・・」
コーチ : 「今話していてどう感じましたか?」
クライアント : 「はい。自分自身で時間の使い方が改めて甘いと思いました。」
コーチ : 「私も聞いていて恥ずかしそうだな、と感じましたよ。どうでしょう、時間の使い方にメリハリが必要だと思うのですが、そのために何ができると思いますか?」
クライアント : 「そうですねぇ〜メリハリかぁ・・・そうだ、1日を表にして勉強した時間とそれ以外の時間を色分けしたらもっと自覚するかもしれませんね。」
コーチ : 「それはいいアイディアですね!勉強した時間は何色にしますか? 」
クライアント : 「う〜ん、赤がいいかな!」
コーチ : 「赤!いいですね。いつからやりましょうか?」
クライアント : 「スケジュール帳を使って早速明日からやってみます!」
(C)2008-2009,Coaching-first.All rights reserved.